トイプードル トリミング 1歳 豆知識 
 

もあな日和トイプードルの子犬のしつけや飼い方などの情報と成長記録。子犬を初めて飼った夫婦とチビでヤンチャで甘えん坊なレッドのトイプーの毎日を親バカ目線で綴ります。オススメのペット用品情報も。 

この記事のタグ(クリックで関連記事へ) :
トイプードル  トリミング  1歳  豆知識  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

カリスマカットの秘密:後編

   ↑  2013/10/27 (日)  カテゴリー: トリミング
忘れた頃にやってくる~、みんな大好きおで記事(※)だよ。
(※おで、とはオタクのもで、の略(c)淡路島のゆう坊、なのである。)
前回までの内容を忘れてしまったアナタ(とワタシ)のためにまとめると、
とってもかわいいトイプードルになるために大切なのは、

 ①トリマーさんの技術力 (72%)
 ②飼い主の努力(20%)
 ③目的に合ったケア用品(8%)
 ※もで調べ。

なんじゃないかな、ということなのです。
↑の3行で大体済んでるんだけど、(何であんな長文書いちゃったんだろう…)
念のためリンクしておくと(前編→、中編→)です。
 
もう100%やんけ。ということなのですが、
+αがあります。あるんですよ。それはね……
トリマーさんのセンス
です。(また、わかりにくいのキターーーー!)

もあなの今のトリマーさん、もでのリクエストに
忠実に応えてくれます。通うのをやめたサロンのように
「えー、ここはこうして…って言ったのに…」
なんてことは、ありません。すばらしい。
そう。もでのリクエストを忠実に実行した結果……。

トリミング1

どーーーーん。いや、かわいいのよ、かわいいの。
自分でリクエストした通りなんだから、
この日は満足したのよ。大満足でした。

この写真をめぐちゃんに見せながら、相談してたら、
めぐちゃんが
『もあなちゃんはもう少し頭の高さが低めの方が似合うよ。』って。
『顔も小さな丸より潰れた丸のが似合うよ』って。
(以下『』はめぐちゃんからのアドバイスですよ)

トリミング2

トリミング後すぐはナチュラルパーマの印象が強くて、
ちょっとわかりにくいんだけど、
ベースのカットも断然もあなに似合ってるのよーーー!!

トリミング3

もでがトリマーさんに渡してる
例の本の例の目標カット(転載できないのが無念)
この本→☆ の21ページねw)の子は、
もあさんよりもっともっと小さくて、
毛量がかなり多くて、(もあさんみたいに割れない)
足がちょびーっと短くて(それがかわいい)、
こ・が・お。なのですよ。

トリミング4

そう。もでが、

トリミング5

夏目三久ちゃんみたいにしてください!って美容院で頼んだら、
大変なことになっちゃった。ということなのです。

『その子の毛量や毛質だけじゃなくて、体格や、マズルの長さや
 パーツの場所や、目の大きさで似合うカットは全然違うからねー。』
なんとも当たり前で、分かりやすくて、ごもっともで、
みんな重々承知の正論。でも、これが難しい。

トリミング7

×「この子の毛量じゃ、これは難しいです~」
×「マズルが長いからこのカットは似合わないと思いますよ~」
ノンノンノン!!!!
そういうことじゃないんです。

いいですか。もでは。
親近感が魅力の大島優子ちゃんのボブではなくて。

トリミング6

夏目三久ちゃんみたいになりたい!と。
高望みだろうが、身の程知らずだろうが、厚顔無恥であろうが、
そう言っているわけです。
プロとして、決して「鏡を見ろ」などと言って、
さじを投げてはいけないのです。

triming1.jpg

夏目三久ちゃんの写真を持ってきたもでの真意。
それは「知的で清楚で高嶺の花っぽい雰囲気を演出してくれ」
ってことなんですよ。言わせんな。
何もどうしても前髪パッツンにしたい、とは言ってないわけですよ。
もでの素材でできる限り「知的で清楚で高嶺の花っぽく」して
欲しいっていうことなわけですよ。

triming2.jpg

センスのいいトリマーさんというのは、
飼い主さんのそんな真意、本質を汲むのが上手なヒト、だと思います。
そして、それに合ったカットを提案できるヒト。
(え…?例えがわかりにくかった…?)

めぐちゃんは「この子になりたい」っていう
写真だけじゃなくて、「こういう雰囲気」っていうのを
いくつか持ってきてね、って言います。
『飼い主さんの好みを知りたいから』と。

毛が少ないから、マズルが短いから、
体が小さいから、目が小さいから……。
このカットは無理。だから、いつもと同じベアカットにしましょう、
っていうのは、ちょっと違うと思うんですよ。

triming3.jpg

このヒトはこういうのが好きなんだな~、
今回はもふもふでふわふわで幼く見えるようにしたいんだな~、
例えば今のもあななら「女の子らしく丸っこくしたいんだな~」
ってわかってくれた上で、プロの知識を持って、
「このカットそのものは似合わない難しいけど、こういうのはどうですか?」
「大事なのは、要はここでしょ?」
そんな風に提案してくれるトリマーさん。
そんなトリマーさんに、わたしはなりたい。

triming4.jpg

……思い入れすぎて、間違った。
そんなトリマーさんにもあなをカットしてもらいたい。
トリマーさんの雑誌では、
「目が離れている子に似合うのはこんなカット」とか
そんな特集もあるみたい。
もあなの目が寄り目なのか離れてるかなんて考えたこともなかったw

こういうのももちろん、トリマーさんの技術力の内だとは思うんだけど、
敢えて「センス」という形で分けたのは、
やっぱり「主観的」な「フィーリング」の部分もあると思うから。

もで母が喜ぶもあなのカットと、もでが気に入るカットは違うし、
「かわいい!!」って思うカットは、やっぱり人それぞれです。
だから、飼い主さんのリクエストの写真にできるだけ近い
カットにしてくれるだけで、トリマーさんの仕事としては100%だと思うんです。
でもね、この「センス」の部分で、仕上がりは、
120%にも150%にも200%にもなると思うんですよねー。

triming5.jpg

自分と似たセンスを持っているトリマーさんと出会えるかどうか。
「かわいい!!!!」と心から思えるカットにしてもらえるかどうかは、
結局のところ、それに尽きると思います。
もしも今のカットが、トリミングサロンが、どうしても気に入らない方に、
素人のもでが1つだけアドバイスできることがあるとしたら、
「1度だけでも、思い切っていいサロンでカットしてもらう!」こと。
都市部の方なら、雑誌にお気に入りのカットを載せてる有名サロンで。
それが難しければ、行ける範囲で、一番高額で混んでるサロンで。

『その子自身のカットだと、言い訳ができない。』
『その子自身の写真が一番見本にしやすい。』
1度しか行けなくても、お願いすれば、
この先どの部分を伸ばして、どの部分を切ればいいのか、
のアドバイスももらえると思います。
めぐちゃんのアドバイスを元に、
もあなをカットしてもらったら……

triming6.jpg

9月10月のトリミングの写真は、
また今度いっぱい載せるけど、
とってもかわいくなったでしょ??
やっぱり技術だけの問題じゃないんだよねー。

もちろん…人気のサロンにとって「一見さん」はとても敬遠したい
お客さんであることを忘れず、年末や連休の忙しい時期は避けるとか…
気遣いは忘れないようにしましょうね☆
(まあ、一度カワイイ姿を見てしまうと、往復◯時間だろうと、
頑張らずにいられなくなってしまう罠もあるけどw)

triming8.jpg

ちなみに最後に強くお伝えしたいことは。
飼い主のトリミングの方は、3ヶ月に1度、
カットのみ4200円、伝家の宝刀「いつもと同じ感じで」で、
済ませている、ということです。(これはこれで問題がある気も…)

↓ふ。この長文。ポイントが下がることはわかっている。
だがしかし、オタクは書かずにいられないのだ…。
いつも応援ありがとう♡そして…最後まで読んでくれてありがとう(感涙)
ブログ村
にほんブログ村
[PR]

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

2013/10/27 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |
この次の記事 : 幸せの素
この前の記事 : 自然に任せる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。