トイプードル 飼い方 1歳 
 

もあな日和トイプードルの子犬のしつけや飼い方などの情報と成長記録。子犬を初めて飼った夫婦とチビでヤンチャで甘えん坊なレッドのトイプーの毎日を親バカ目線で綴ります。オススメのペット用品情報も。 

この記事のタグ(クリックで関連記事へ) :
トイプードル  飼い方  1歳  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

犬をかわいく写真に撮る方法

   ↑  2013/08/02 (金)  カテゴリー: トイプードル豆知識
今日は、普通のデジタルカメラ(コンデジ)で、
少しでもかわいく犬の写真を撮るコツをまとめてみましたよ♪
いつもは少しソフトで補正してからアップしてるんだけど、
今回はわかりやすいように、敢えてNO補正(=いつも以上にひどい写真w)でお送りします。
=======
以前、プレゼント企画でもあなにかわいいお洋服をくださった(その時の記事→☆
カノンママさんからある日メールがありました。
「ちょっとお願いがあって、御賄賂ニット送っちゃった」(テヘペロ)

………ごめん、カノンママさんのキャラが完全に別人だけど、
まあ、経緯は間違っていない。
「そんなー、賄賂なんていらなかったのにー」
なんて言いつつ、ちゃっかり受け取っちゃいました。

カメラ講座1

なんと手編みのサマーニットですよー。
し・か・も!!淡路島方面のかわいこちゃんたち(→☆)とお揃いのプレミア付き!

カメラ講座2

あれ…?写真が…暗くない??って思った???
photo by もでだからね。こんなもんよ。
つーか、ゆう坊ちゃんのキャメランディアス(←一眼のアダ名らしい。)
も完全にトロちまの色の濃さに敗北している件について。

トロちゃん

薄めの毛色の子を飼っている方には理解できない悩みだと思いますが…、
濃い毛色の子を夜の室内で撮るのってほんとーーに、難しいんです。
昼の光があれば、室内だって、もでのコンデジAUTOの真価が発揮されて。

カメラ講座3

たぬが一眼レフカメラにハマって、
このブログの写真の50%くらいがphoto by たぬになって、
現実のもあさんに近い、いや、時に現実以上の
もあさんを皆様にお届けできるようになったのだけど、
今回は敢えてコンデジで試行錯誤するもでの撮影テク(??)をご紹介!!

カメラ講座4

いやー、だって、ブロガーさんって当たり前に
結構いいキャメラで、単焦点レンズだー!ソフトで画像補正だー!ってやってるけど、
「ナニソレ?おいしいの?」っていう一般の飼い主さんのほうが絶対多いと思うのよね。
一眼で綺麗な写真を目指す!人たちとは全く違うベクトルだけど、どうぞご笑納ください。

露出補正する!


デジカメさんは白いものを見ると「明るすぎ!」って暗めに撮って、
黒いものをみると「暗すぎ!」って明るく撮ってくれます。
だから、カメラのサイトを見ると、
「黒いものを黒く撮るためには露出を少しマイナスに」(白は逆)って書いてあります。

カメラ講座5

これは、とても正しいです。雪を真っ白に撮りたい時なんかはまさにそうです。
でね、犬の撮り方についてもそう書いてあるサイトがあるんだけど、
もでに言わせれば、そんなのは全然分かっていない。
黒い犬を撮る時に露出をマイナスにするなんて、そんなの素人には自殺行為。

カメラ講座6

素人の犬写真は、犬のカワイイ表情が見えてなんぼだ!!と思うのです。
だから、もあなを撮って「暗いな…」って思ったら
もう即露出をプラスにしますよ。
(+1とかー1とか書いてあるところです。コンデジでも簡単に設定できるはず)

露出補正

これで+1くらいかな?
もう、おかげ様で、カノンママさんがくれたかわいい
白いお洋服が、完全に白飛びしている。
もあなも本来の毛色よりかなり薄い。てゆうか光り輝いちゃってるし。
でも、下のほうがいい写真でしょ?

もでは諦めている。夜の室内の写真は、
もあなの顔以外は、すべて諦めているのだ。
本当は犬の顔にできるだけ光をあてて、濃い目の子は露出をマイナスに、
白い子は露出をプラスにすると、本来の毛色のまま、綺麗な写真が撮れるんだけど、
「とにかく犬の顔を撮りたい」というもでのような素人さんには、
おすすめの撮影テク「諦めが肝心」なのです。

顔に少しでも光を当てよう


しかし。だがしかし。諦めてばかりもいられないのだ。
このままでは「うちの犬は黒いのに写真だと全部灰色。」
と思い出が歪められて記録されてしまう。(あ、外で撮ればいいのか)

カメラ講座7

そういうときは、必殺「上から撮る」だ。
横から間接照明をあてているというオサレなお宅もあるかもしれないけど、
我が家のような庶民は大抵上から照明があたってるでしょ。

カメラ講座8

だからね、犬が上を向けば…!犬の顔に自然と光が当たるんです。
この角度の写真って、飼い主を見上げる犬の目線に近くて、結構好きです。
その上、デカ目に見えるという女子高生ばりの盛り効果もあり!
さっきよりは露出を落としているので、もあな本来の毛色に少しは近いです。
ちなみに直接フラッシュは、オススメしません。
写真は綺麗に撮れても犬の表情がイマイチになるからです。

犬と目を合わせて撮る


たぬがもあなの写真を撮るようになって数ヶ月がたちますが、
もでの方が絶対にリードしていると信じている点があるんです。

カメラ講座9

それは、もあなの表情。たぬの写真だと、
もあなが緊張した表情のものが多いです。
理由の1つは、カメラやレンズ自体が大きくて、恐怖感があるから。
もう1つは、もではディスプレイを見ないで、
もあなと目を合わせて適当にシャッターを切ってるから、かな。

カメラ講座10

ヒドイ時にはフレームの中にもあながいないけどwデジカメさん、削除は得意ですし。
もあなにとっては、レンズと目を合わせなくていいから恐怖感が少ないし、
簡単にカメラ目線(ほんとうはもで目線)の写真を撮れます。

カメラ講座11

カメラ1

え?自分の目を見てくれない…?それは、あれだ、
アイコンタクトの練習はした方がいいから、しましょうw

カメラ講座12

こういう振り向きポーズも、たぬ撮影の時はなかなか撮れません。
もでなら、目を合わせながら後ろにすっと移動するだけで
撮れちゃうんだよーん。(自慢気)

とにかく褒めちぎれ!


たぬ撮影のもあなが緊張してるのは、褒めが少ない!っていうのもあります。

カメラ講座13

しつけの基本でもあるけど、「もあな~!」と呼んで、カメラ目線になったら、
すかさず大げさに「偉いねーー!」(←我が家のgoodコマンド)

もでに言わせれば、たぬは偉いのトーンも低いし、タイミングも遅いし、
いい子ねー、になったりするし、要は一生懸命シャッターを切り過ぎなのだ。
それじゃあ、もあなも盛り上がらないというものよ。
まだあまりカメラに慣れていない子は、これが一番大事かもしれませんね。
上手に撮れたら、ご褒美にフードをひと粒!
まずはカメラを少しでも好きになってもらわないとね♪

カメラ講座14

安いモデルさんで助かりますよ。

と、いろいろ書いて来ましたが、暗い室内で綺麗な写真を撮る
一番簡単な方法は、明るいレンズの高級コンデジを買うことかもしれませんw
(いいレンズならISOもあげられるしね。。。)
お金NEYO!めんどくSEYO!って方は、明るい昼間に撮りましょうw

いつか機会があったら、たぬきの一眼講座も記事にしたいな、と思ってます。
(まず最初にお前がその講座受けろよってツッコミはなしで。)

カメラ講座15

さて、みなさん…まさかお忘れではあるまいな???
このかわいい御賄賂ニットの目的…、それは、
沙羅ちゃんの12歳お誕生日記念プレゼント企画の告知なのだーー!
プレゼント企画の内容はコチラ→☆

企画の詳しい内容は、カノンママさんのブログを
ご覧いただきたいのですが、
素敵な扉用のステンドグラスのプレゼントです。
リフォームしておうちで使える方限定ですが…、
初めての方も大歓迎!だそうですので、興味がある方はぜひ!

沙羅ちゃんプレゼント

「大型犬は10歳超えたら・・・残りの犬生は神様からの贈り物だと聞きました」
というカノンママさんの言葉が染み入りました。
もあなが今ここにいてくれることは、本当に神様からの贈り物だな、と思います。
沙羅ちゃん12歳。どうか、少しでも長く元気に過ごしてくださいね。

↓カノンちゃんブログに飛ぶ前にぜひポチッとー!!!
応援してもらえたら嬉しいです♪
いつも応援ありがと~♪皆様の応援を励みに更新しているのですよ☆
ブログ村
にほんブログ村
[PR]

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-289.html

2013/08/02 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |
この次の記事 : 木下もあ吉郎
この前の記事 : 東大散歩してきたよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。