トイプードル 日常 飼い方 
 

もあな日和トイプードルの子犬のしつけや飼い方などの情報と成長記録。子犬を初めて飼った夫婦とチビでヤンチャで甘えん坊なレッドのトイプーの毎日を親バカ目線で綴ります。オススメのペット用品情報も。 

この記事のタグ(クリックで関連記事へ) :
トイプードル  日常  飼い方  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

犬の本能をどこまで許しますか?

   ↑  2013/07/28 (日)  カテゴリー: トイプードル豆知識
まさかの前置きで終わった前回。

要するに、もあなはこれまで散歩の前に声をかけてオシッコが出なければ、
それはそんなにオシッコがたまってないってことで、
散歩中にオシッコすることなんてほとんどなかった、
ということを言いたかったのです。
ほんと、月に1度とかそんな感じ。
子犬の頃からしつけたから、習慣のようなものもあったと思います。

そ・れ・が!!



ドッグランに頻繁に行くようになってから、
絞りだすような少量のオシッコ(つまりマーキング!)
を散歩中にするようになっちゃったんですよー。

これには困った。
100歩譲って、普段の散歩中のマーキングだけならいい(マナーはどうした!)
仕方ないから、除菌スプレーも持ち歩こうというものよ。
気になるのが、やっぱりもあさんがこれ以上マーキングに熱心になってしまうと、
お店や旅行先のホテルでの粗相が心配になること……。
特にオシッコはきちんと自分で処理すればいい、で済まない場合もあります。
マナーバンドはあまりさせたくないんですよね。。。
(し始めると、お出かけの時はどこでもしないといけないし、
犬の本能を考えるとマナーバンドはすごく嫌なはずなので)



マーキングのしつけ、とか犬の本能的なことのしつけって
やっぱり人によって意見がわかれますよね。
例えば「吠える」ことのしつけも、もあなのトレーナーさんは
「犬は吠えるのが当たり前だから、矯正しすぎるのは犬のストレスになる」
「頻繁な要求吠えは確実にやめさせるべきだけど、
異常を知らせる警戒吠えはやめさせなくてもいい」
って言ってました。(怯えの警戒吠え、はダメ)
「チャイムの音が鳴るたび吠えるのが困る」というのは
実はわたしたち人間側だけの都合だったりするんですね。



犬が過度に人間に合わせる暮らしを強いられて
ストレスを感じるのは、不幸なことです。
それでも、本能だから、と犬の自由にさせて人間と一緒の場で暮らせなくなることは、
もっと不幸なことだと思うんです。
もあなはきっとマーキングに満足感があるに違いない。
そもそも犬は寝床近くで排泄したくないわけだから、
本当はできるだけ散歩中に排泄したいに違いない。
でも、もあなの自由にしてしまうと、
一緒にいけない場所も増えてしまう。



もあなをカフェや旅行に一緒に連れて行きたいと思うのは、飼い主のエゴ、だと思います。
そのためには、トイレや無駄吠えのしつけは、
普通のワンコよりも、きちんとしないといけないですよね。
本能だから、生理現象だから、今回だけだから、と言いたくなってしまうけど、
犬を飼っていない人から見たらものすごく不快なことです。



今まで散歩の時に「すんすんすんすん」ニオイを嗅ぐことは、
もあなの楽しみの1つだから、
のんびり歩きながらのお散歩の時は、許して来ました。
でも、マーキングは「すんすんすんすん」の後に来ます。
数滴ずつ絞り出したりもするんです。
お散歩のマーキングの一番簡単なしつけの方法は、
とにかく立ち止まらせないこと、です。



なんだか、お散歩の楽しみも奪うようで、
まだ迷っていますが…、今のところうちでは
散歩の時のマーキングはしつけをしなおして、
させないようにすることにしました。
概ねうまく行っていて、立ち止まらなければマーキングはしないようです。

犬の本能にどれだけ我慢をさせて、どれだけ人間とともに過ごせるようにするかは
飼い主さんの選択次第だと思います。
ただ、「犬に我慢はさせない」でも「どこにでも連れて行きたい」
というのは許されることではない、ともでは思っています。
犬はほんの数年前よりもいろいろな場所に入れるようになりました。
でも、今年の夏の旅行の予約をしようと、お宿を探していると、
「犬OK→NG」になってしまった宿やレストランも多いんです。
専門のドッグホテルやドッグカフェは「本能だから仕方ないよね」という
暖かい飼い主同士の目線に守られています。
そうではない場所に行けば、決してそう思わない目線が
増えることを自覚しなくてはなりません。



わたしたち一人ひとりがマナーとルールを考えていかなくてはいけないと同時に、
自分の犬をどこまでしつけるのかの選択をしなくてはいけませんよね。
これは実はとても難しい問題で、わたし自身、いつも迷い、まだまだ正解が分からないことです。
ただ、犬は本能だけで生きるわけではないからこそ、
人間のより近くにいることを許されたパートナーなのだと、
個人的には信じているのです。
…と、もあなのマーキングのことで、自分のしつけの姿勢まで考えてしまったお話でしたとさ。

↓つかの間だけど5位だった!?
ビックリするやら嬉しいやら嬉しいやら!
なのに、二日連続こんな記事でごめんなさいー!
いつも応援ありがとう♥
ブログ村
にほんブログ村
次回はかわいいもあなの日常だよん♪
[PR]

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

2013/07/28 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。