もあな日和トイプードルの子犬のしつけや飼い方などの情報と成長記録。子犬を初めて飼った夫婦とチビでヤンチャで甘えん坊なレッドのトイプーの毎日を親バカ目線で綴ります。オススメのペット用品情報も。 

このページの記事目次(クリックで移動します)nbsp;( ← 2012-07- → )

[PR]

トリミングのオーダー方法:前編

   ↑  2012/07/23 (月)  カテゴリー: トリミング
図々しく世間でも最も売れてるトイプードルの飼い方の本の
表紙を持参し「こんな感じにして下さい」と頼んできた、もあさん。
(実際に頼んでるのはもあさんじゃないけど。)



これまでに、もあさんのトリミングは、地元のサロンで2回。memoちゃん3回。
「トリミングのオーダー」って飼い主にとってはなかなか難易度が高いなぁ。
って思うようになりました。

memoちゃんはいろいろカウンセリングして、こっちの要望を聞きだしてくれるから、
難易度ゼロ。超初心者のもででも安心のおまかせコース!!
なんだけど、サロンだとそうはいかない。
7月からmemoちゃんはサロンでの勤務も再開しているので、
もあさんも、いつもmemoちゃんにカットしてもらえるとは限らないし、
「どうやってオーダーすればいいんだろうー。どうすれば、理想通りにカットしてもらえる?」
って、memoちゃんにいっぱい質問してきました。

これまでのもあさんのトリミングカット集とともに、
なりたいカットに近づこう!!レッツ、正しいオーダー!を
今までにmemoちゃんに習ったことを中心にご紹介しますー。

初トリミング

部分カットで何度かしのぎ、初めて全身カットをしたのが生後四ヶ月。
いつかこういう風にしてみたい!っていうカットとして、例の表紙の写真を、
差し当たっての目標として、この写真を見せてました。



そう。たぬともでは耳と頭がつながったアフロ系のカットが好きなんです。
表紙の子のカットは、素人目に見ても目標として遠そうだったので、
モデルの子が生後八ヶ月だったこのカットなら実現が近そうかなー、
と思ったんですよね。


(…実現、遠そうだな。)

トリマーさんからは、
「初トリミングだから短時間にした方がいい」&
「こういうカットにしたいなら耳は伸ばしておいたほうがいいと思う」
というアドバイスだったので、
『いつか目標のカットにしやすいように伸ばすべき毛を残してくれれば、
あとはお任せ!体はモコモで頼むよ!!』って感じでオーダーしました。

で、結果がコチラ。



かわいいでしょ?(今とは違う意味で。)
なんか、「頑張ったわー、もあ。」って感じで、
サロンではドヤ顔してました。

この頃は、もう我が家では背中にブラシを入れるのが精一杯で、
全くじっとできないし、トリミングに慣れて欲しい!
っていうのが一番の目的だったし、あんまり仕上がり、
ましてカットにはこだわってませんでした。
「トリミング好きになるようあんまり押さえつけないようにして
カットします」って言ってくれてたけど、
今よりかなり抵抗しただろうし、大変だったんだろうなぁ、と予想。



トリミング2回目@地元サロン

2回目はうちまで送迎に来てもらって、
地元のサロンでカットしてもらいました。



オーダーはうちの玄関先で相談だったもんで、もあなも騒ぐし、
なんだか一瞬になってしまい、
「基本は、前回と同じで」「体はモコモコで!!」←唯一のこだわり(笑)
とお願いしました。今思えば、これが大失敗。



あら。かわいいじゃない。どこが失敗なのかしら?

よくブログに来てくださっている方はご存知の通り、
もでは、NASAが数百億かけて極秘に開発して、危険すぎるということで、
裏の世界でのみ取引されているという『スーパー親バカフィルター』という
魅惑のアイテムを装着しておりまして。
モジャモジャだろうがモサモサだろうが、このフィルターを通すと、あら不思議。
「やっべー。世界一かわいい。どうしよう。街を散歩してたら誘拐されちゃうかも。」
って感じに見えるので、この時も当然大喜びだったのですが…。
実は、将来の目標のカットにするために大切な毛を失っていました…。



耳と頭がはっきり分かれてるでしょ?昔ながらのプードルのカットは、
だいたいこんな風に耳と頭がわかれてます。

これはこれでかわいいんだけど…、目標にしてた表紙の子のカットは耳と頭がつながってます。
耳まわりや足の毛ってなかなか伸びるのに時間がかかるんですよね。
だから一度カットしてしまうと、なかなか取り戻すのに時間がかかるわけです。



この時、もでは前回いつかアフロ系にしたいと伝えたつもりだったので、
その方向にむけてカットされてるもんだと思い込んでました。(超ど素人だからね。)
大事な毛を失っていると知るのは、memoちゃんにカットしてもらった時。

たぶん、トリマーさんにとって、「前回と同じで」のオーダーの中に、
目標カットの写真とかは入ってなかったんじゃないかなぁ。
飼い主にとっては月に一度の特別な時でも、トリマーさんにとっては、
たくさんのお客さんのうちの一人!ちゃんと「前回」を説明するべきでした!

もちろん、この辺はトリマーさんや常連度で、差があるだろうけど、
とにかくオーダーははっきりと!!が鉄則ですよねー。(反省)

トリミング3回目 初めてのmemoちゃんカット

で、ついに初めてのmemoちゃんカットです。



この田舎プードルを連れて、恥ずかしげもなく、
「こんな感じにしたいんすわーー」と、表紙の写真を指差す飼い主夫婦。
もで的にはこの時点で今日のオーダーは終わり!くらいの気持ちだったんだけど、
ここから、memoちゃんの怒涛の質問攻撃。
「足は?尻尾は?体の毛の長さはどれくらい??」
「顔周り(マズルのところね)はこの子みたいにつぶれた丸?まんまる??」
…ほ…ほぉ。いろいろありますな…。

いろいろヒアリングしながら、memoちゃんがアドバイスしてくれます。
「耳と頭の間の毛は絶対切らずに伸ばそう」とか。
「そういうモコモコした感じが好きだったら、足は伸ばしたほうが絶対いいよー」とか。

基本的には、もう「かわいくしてくれるならお任せで!!」って気持ちなんだけど、
memoちゃんいわく「飼い主さんによって、かわいい!のイメージも違うし、
トリマーさんと好みが違う場合もあるからカウンセリングはとっても大事」なんだって。
そうだよねー。そりゃそうだよねー。わかるよー。
「…でも、memoちゃんがかわいいと思うなら、絶対かわいいからお任せしていい?」
↑何もわかってない。
で、カット後。



あら。かわいい。なんてかわいいの!!!!
やっぱりもあなが世界一かわいいわ!!

でも、まだ耳と頭はわかれてます。これは説明してもらった通り。
それから体は、体だけがモコモコしすぎないように、少しカットしてもらいました。
体短く、顔モコモコなメリハリ系はかわいいけど、(今回のカットはそんな感じ)
顔だけ小さく体モッコモコはあんまりバランスがよくないらしいです。
念仏のように「体はモコモコで!」と唱えていた飼い主夫婦も、
そのあたりは、アドバイスを貰って方針変更。(2回目のカットは顔だけ小さいよね)
確かにイヌは等身が小さいほうが可愛いもんね。



もでがこの時ようやく学んだのは、人間のカットと同じで、
長いのを短くするのはトリマーさんの腕でどうにでもなるけど、
短いのを長くするのは出来ないから、(上手にごまかしてはくれるけどね!)
「目標のカットにするのにどこが足りなくて、どんな感じに伸ばしつつ
目標に近づけていくのか」っていうのはとても大事なんだなあってこと。
当たり前のことなんだけどね。

その過程をちゃんと説明して、伸ばしてる間に、いかにしていろんなカットを
楽しめるようにするかっていうのは、トリマーさんの腕の見せ所なんだなぁ、って思います。



…と、ようやく3回目まで振り返りましたが、
またもや計画性なく超長文になったので、前後編わけます…。
もあなが表紙のカットに近づいていく過程や、
オーダーのポイントなどは…後編(→☆)で!!

↓画像クリックで、画像が変わるよ!(PCとスマホ)
大学のレポートの時は、文字を埋めるのにあんなに苦労したのに…。



ランキングに参加してます。
クリックしてくれると順位が上がって、もで大喜び。いつもどうもありがとう。
トイプードル 人気ブログ村
スポンサーサイト



(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-169.html

2012/07/23 | Comment (6) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |