2
 

もあな日和トイプードルの子犬のしつけや飼い方などの情報と成長記録。子犬を初めて飼った夫婦とチビでヤンチャで甘えん坊なレッドのトイプーの毎日を親バカ目線で綴ります。オススメのペット用品情報も。 

このページの記事目次(クリックで移動します) (カテゴリー: トレーニング

total 2 pages  次のページ →  

[PR]

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

リーダーウォーク練習中:後編

   ↑  2012/06/10 (日)  カテゴリー: トレーニング
さて、ほとんど役に立たない情報(主に管理人のいいわけ)で終わった前編
後編は、トレーナーさんに習ったこと満載で、リーダーウォークのしつけの方法をお送りします。

首輪?ハーネス?


これはお散歩以外のしつけにも関わるのですが、
リーダーウォークの練習中はやっぱり、ハーネスより首輪が望ましいです。
ハーネスの場合、ぐいぐい引っ張っても、ワンちゃん自身が苦しくないので、
どうしても引っ張り癖がついてしまうそうです。
また、後述しますが、リードから飼い主の指示を伝えるのも、
やはり首輪のほうがよいそうです。

気管や弱い子や、ヘルニアの子は、ハーネスを着用する必要がありますが、
「まだ子犬だからかわいそう…」という何となくな理由で
ハーネスでお散歩してる場合は、首輪も練習してみるといいと思います。
一日中首輪をつけても苦にならなくなれば、迷子札もつけられて、安心ですしね。



そういえば、子犬の頃もあなは布の首輪を縫い直して小さくして、
首輪の練習をしていました。トイプードルだと3ヶ月くらいでは既製品だと、
サイズが合わない場合があってハーネスの子も多いと思いますが、
布の首輪なら縫い直しも簡単ですよー。

ハーフチョークの首輪


引っ張り癖が強い子の場合はトレーナーさんは散歩中は
ハーフチョークの首輪をすすめていました。


↑こんな感じの。

なんだか、すごく厳しくしつけてる感じがして、嫌な方もいるかと思いますが、
実は引っ張った瞬間にのみ、首が締まるので、首輪より負担が少ないそうです。
ただ、やはり合図を送る瞬間なんかは力がかかるので、
6ヶ月未満の子はまだ骨格がしっかりしていないから使わないほうがいいと言われました。
もあなの場合は、そうこうしてるうちに、普段は引っ張らなくなったので、
結局、普通の首輪を使ってます。

ちなみに、フルチョークの首輪は締りすぎることがあるので、
大型犬向き&トレーナーさんの指導の下の使用がオススメとのことです。

歩き方の練習 ステップ1


と、ようやく本題にたどり着きました!!

前編で紹介したリードの持ち方で、最初はリードは50センチくらいで短く持って、
うんち袋とお水をちゃんと用意して(余計なお世話)、
元気よく出発しましょう。



こんな認識のワンちゃんは、おそらく散歩のスタートが一番大興奮で、
引っ張りまくりーの、走りまくりーの、飛び回りーの、大騒ぎだと思います。
もあなも今でも、出発してすぐは嬉しくて走ったりします。

そんな困ったちゃんは、まず、数歩歩く、止まる。
(犬が一瞬でも止まったら)また数歩歩く、止まる。
数歩歩く、止まる。を繰り返して下さい。
数歩歩くときは、ちょっと駆け足なくらい早足にしたり、
並足だったり、ペースをいろいろと変えてます。
止まるときはバン!と足音を立てて止まります。

ええ、ええ。皆さんの言いたいことは分かってます。
「そんなこと恥ずかしくてできない」
完全に変な人です。でも耐えて下さい。
近所の人がいないときを見計らって、やってたら、
お隣さんが出てきて、「あ…散歩の練習中で…」って言ったら、
「散歩にも練習なんて必要なんですね~(苦笑)」
って、そそくさと逃げられました。必要ですとも。

まあ、公園なんかでやってもいいんですが、
毎回出発時にやれるのが理想だと思います。

歩き方の練習 ステップ2


ステップ2というか、ステップ1と同時並行でやるんですが、
次は急に方向転換したりします。
犬は左側にいると思うので、まずは反時計回りがついてきやすくて○です。



ワンコがそのまままっすぐ進もうとしても、お構いなしに
ぐいっと引っ張って下さい。
当たり前ですが、ワンコが引っ張った時、手を緩めてはいけません。
容赦無く引っ張ることが明日の幸せをつくるのです。(たぶん)

止まったり、急に歩いたり、ぐるぐる方向を変えたりしているうちに、
きっと、ワンちゃんがあなたのことを見上げてくると思います。



こうなったら、しめたもの。
というか「こうなるまで、家の前でこれを続けて下さい。
見上げないまま散歩時間が過ぎたら、その日の散歩はそれで終わりでいいんです」
ってトレーナーさんは言ってました。工エエェェ(´д`)ェェエエ工ー

もあなの場合は、それまでもツイテやアイコンタクトの練習はしていたからか、
初めて練習したときも数回方向転換したら、見上げてペースを合わせて
歩くようになりました。

歩き方の練習 ステップ3


見上げるいい子になったら、張り切って散歩に出発です。(やっと?)

たぶん、家の前でちゃんとついて歩いていても、
まっすぐ歩き出すと、どうしても引っ張ったりすると思います。
その時は、リードをぐいっと引っ張って、横につけます。

引っ張り方のコツは、スナップをきかせて、一瞬リードをゆるめてから、
ぐいっと引き戻す感じです。
わたしもそうだったのですが、ピンと張ったリードを綱引きのように
引っ張っても、ワンコにはあまり命令は伝わりません。

どうにもこうにも…な場合には、ステップ1~2に戻りましょう。

注意点とか


飼い主さんが引っ張ったり、ぐいっとしたときに、
ワンコがゴホゴホと咳き込むことが続いたら、ちょっと気管が弱く、
このしつけ方法は向かないかもしれません。
ステップ1~2は特に負担はかからないので、それだけでも効果があると思いますよ。

それから、散歩デビューしたばかりの子は立ち止まったり、
ぐるぐるしたり、しつけどころじゃないと思います。



トレーナーさんが言ってたんですが、最初は散歩を大好きになるのが一番大事だから、
しつけはできる範囲でほどほどでいいみたい。
とは言え、一度引っ張りグセがつくと大変なので、
最初からグイグイ散歩するような元気な子は、早めにしっかり練習した方がいいみたい。

それから、ご褒美。見上げて上手に歩けてる時に、
たまーに、フードをあげたりしてました。
フードが出てくるかもって、思うとますます見上げてくれます(笑)
癖にならない程度なら効果的なんじゃないかな??

リードで合図を送る


引っ張った時に引き戻すのもリードで合図を送る方法の一つですが、
パピークラスでは、他にもいくつか、リードを持ったままできる
犬への合図を習いました。

わかりやすいのが、これ。



最初は抵抗しますが、リードを下に引っ張って伏せさせます。
今では、もあなは外でリードを踏む仕草をすると伏せます。
トレーナーさんのワンちゃんは足をポン、とすると伏せるようになってました。

まとめ


なんだか文字ばかりで、どれくらい伝わったのか不安ですが…。
もあなはこんな感じで、練習中です。

要は漫然と散歩をしていると、
ワンコは散歩は自分の行きたい場所に行くんだ、と誤解して、
引っ張るようになってしまうので、飼い主さんの行きたいところに行くんだよ
って教えてあげるのが、リーダーウォークの練習みたいです。

最近のもあなは、わたしと二人で、いつもの散歩コースなら、
90%は横について歩けます。残りの10%は興味惹かれるものがあったとき。
いまは、リードを長く持っても横につけるように練習してます。

で、たぬが参加すると20%くらいに下がります。もう興奮しちゃって。
普段はステップ1、2を繰り返して出発するんですが、
たぬと一緒の散歩では、訓練しないのもあるかもしれないですね。

さらに、わたしと二人でも普段歩かない道だと全然ダメ。
もう、「興味惹かれるもの」だらけなのか、引っ張りまくり。
まだまだお散歩マスターへの道のりは長いです。

↓画像クリックで、画像が変わるよ!(PCと一部スマホのみです)
文字だけじゃさっぱりわかんねーよ、って部分はどうぞコメントで突っ込んで下さい…



にほんブログ村
ランキングに参加してます。クリックしていただけるとランキングが上がって、もで大喜び。いつもありがとう♪
スポンサーサイト

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

2012/06/10 | Comment (8) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

リーダーウォーク練習中:前編

   ↑  2012/06/09 (土)  カテゴリー: トレーニング
リーダーウォーク。なんて神々しい響き。
おそらく、犬を飼うものなら誰もが憧れ、一度はしつけを試みる究極の奥義。
(↑え?違う?むしろ初級編だって?)
もでも、ご多分に漏れず、もあなの散歩デビューの時から、
高い理想を掲げて、いろいろとやっているのですが、近所の人に
「あら…あの人また犬に一生懸命話しかけてるわ…ダイジョブかしら…?」
と思われているのが関の山。
ここらでいっちょ、自分の散歩ぶりを見直すためにも、
お散歩にまつわるしつけのエトセトラを気が向くままに書いてみようと思います。

思い起こせば、パピークラスの最後二回は、
リーダーウォークの方法に重点が置かれていて、
「習った内容については、そのうち書きますね~」なんて書いたまま
『お前また約束忘れたんかい』なんていう読者の皆様からのツッコミが届かないのをいいコトに、
絶賛放置中。ええ、ええ、この他にもそういう話題があるのは充分わかっておりますとも。
(じゃあ、そのうち書くなんて書かなきゃいいのに)


発見されただけでこの世の終わりみたいな顔するなら、
いたずらしなきゃいいのにってもでは思うよ!

リーダーウォークの教え方 by飼い方の本 


もでの愛読書「トイプードル飼い方・しつけ・お手入れ
(最初数ヶ月は随分助けられました)には、

・犬がリードを引っ張ったら立ち止まる
・引っ張るのをやめたら歩き出す
・ご褒美で「ツイテ」を練習して、少しずつツイテで長く歩けるようにする

という素晴らしいアドバイスが写真つきで紹介されてたんですが、
引っ張ったから立ち止まる→一歩歩く→もあさん猛ダッシュの繰り返しで、
「そんなんじゃ一歩も歩けねぇよ。てゆうかこの写真の犬、どうせリーダーウォーク完璧なんだろ」
って感じで、ちっとも役に立ちませんでした。
fc2blog_20120608231342311.jpg
まあ、おとなしい子だと結構この方法でうまくいくのかな?

お散歩見習い犬時代


じゃあ、もあさんったら、パピークラスで習うまで、
ずっと引っぱり犬だったの??って感じですが、
もでなりに、いろいろと工夫して「ツイテ」を教えるべく努力はしていて。

・とにかくリードは短く持つ
・片手にフードを持って、もあさんをそれに注目させて、横にツイテ歩けたら、
 褒めまくりつつご褒美を上げる。
・もあなが走り出したらリードをぐえっと引っ張る。

主にこの方針で、まあ、まあ…なんていうか、「横のあたりを歩く犬」
にすることに成功してはいました。

そんなお散歩見習い犬と迷える飼い主は
パピークラスのトレーナーさんのアドバイスに従うこと2ヶ月。
だいぶ、上手にお散歩できるようになったんです。
知ってる人にとっては噴飯物の基本事項かもしれませんが、
わたしのような迷える誰かの役に立てば、とまとめてみます。



リードの持ち方


え?そこ?そんな基本からつまづいてたの?って感じですが、
実際、教えてもらったことで、これが一番目からうろこ。

もでの初期のリードの持ち方。



犬は左側が落ち着くって聞いたから、
左手にぐるぐる巻きつけたリードを伸ばしたり縮めたり。
人間伸縮リード。まぁ、便利。
ツイテ歩けないうちは「短くもつ」って書いてあったから、
安易にこうやって持ってました。

で、リーダーウォークの練習中の正しいリードの持ち方がこちら。



持ち方、なのに右手が写っていないですが、普通に持ち手を握ってます。
ちなみに、右手の位置は腰のあたりが正しいです。
正しい持ち方、なのに正しくなくてすみません。
右手でリードを持って、主に左手でリードはコントロールします。

この持ち方のいいところは3つあって、
・片手が離れてしまっても、リードを落とさないから安全。
・左手で犬にリードで合図を送りやすい。
・リードの長さをコントロールしやすい。

リーダーウォークに慣れて、短く持つ必要がなくなってくれば、
片手で長めにリードを持てばいいのですが、
慣れないうちは、この持ち方がいいと思います。

後編へ続く


と、まだリーダーウォークの「リ」にもたどり着いていない感じですが、
やはり書き疲れたので、残りは後編に続きます。

こんな初心者が、リーダーウォークの方法なんて書く必要、
全然ないのかもしれないですが、街で周囲を見回していると、
小型犬で、横について歩けている子ってものすっごく少ないですよね。
よく見ると、引っ張っている子もとても多いです。
(逆に中型犬以上はほとんどの子ができてる気がする)
もあなもそうですが、小型犬が引っ張ったところで、
力は知れてるので、制御できるのもあるのでしょう。

飼い主さんの方針はそれぞれだし、横にツイテ歩く散歩なんて、
楽しくなくてかわいそうじゃない?っていう人もいます。
でも、トレーナーさんが言ってたんですが、
犬は「引っ張ったら飼い主さんはどうするかな?」
って常に飼い主の反応を楽しみにしていて、
「飼い主に指示されながら」の散歩が一番好きだそうです。
好き勝手に遊ぶより、指示されて、褒められるのが好きって、
いうのはもあなを見ていてもちょっとわかる気がします。
もちろん、考え方の一つですけどね。



横についたワンコに「もあ上手にできてる?楽しいね~。」って
ちらちら見上げられながら、
散歩してる瞬間はやっぱりとても楽しいです。

↓画像クリックで、画像が変わるよ!(PCと一部スマホのみです)
お散歩マスター犬になるのはいつのことやら…。



にほんブログ村
ランキングに参加してます。応援クリック更新の励みになります♪

※コメントのお返事返せていないので、
コメント欄は後編であけます〜。いつもすみません!

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-136.html

2012/06/09 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

ワンコパーティ 二回目☆

   ↑  2012/02/25 (土)  カテゴリー: トレーニング
金曜日の夜、二回目のワンコパーティー参加してきました☆

前回はわたしの膝の上から参加だったもあさん。
だんだんとワンちゃんにも慣れ、体も大きくなってきたので、
今回はトレーナーさんから降ろしてOKのお言葉が!!

ちゃんと仲間に入れるかな…ドキドキ…。

photo:08


挨拶はビビり腰ではありますが、もでから離れてマイペースにウロウロできてます!!

photo:11


何やら楽しそうな遊具も登場して、ワクワク。
ワンちゃんたちみんな用心して入らないので、
もあさんがトップバッターとしてチャレンジ!!

photo:07


おいでー、で走ってきました。
トレーナーさんや看護士さんに褒められて、
テンションが上がってきたもあさん。
これなら、もう安心かな?ってことで、残りの30分は、
もでは立ち去って他のワンちゃんと同じくお預け保育(?)となりました。

実はワクチンの時に病院にお泊まりした以外で、
外でもでと離れるのは初めてのもあさん。
これも一つの練習なのです。
ビビりだしなー、甘えん坊だしなー、家でもすぐ鳴くしなー。
と、ちょっと後ろ髪ひかれながら、もでは病院の近所の実家で待機。

………で、お迎えに行ったら…
「ちゃんといい子にしてましたよー」とのこと。
…ホントに?ワンワンしませんでした?ちゃんと遊んでました?
と、とっても不安だったのですが、
もでがいなくなった後の写真を看護士さんが撮ってくださってました!

photo:01


遊具が気に入ったようで、何回もくぐったり。
(さすがチワワちゃん小さいです!)

photo:02


順番待ちしたり。

photo:03


なんと…トレーナーさんのワンちゃん(たぶんジャーマンシェパード)に…

photo:04


よじ登ったりしてました。
なんというドヤ顔(恥)

photo:05


ちなみに…これは言うまでもなく犬の世界ではご法度なわけで…、
もあさんがパピーで、よく訓練されたトレーナーさんの犬なので、
怒られずに済んでるわけです……。

と、まあ、もでの心配をよそに、とても元気に遊んでいたようで。
写真を見ていて、もあがまた一歩大人になったみたいで、
お母さんは、感無量でしたよ。(完全に親バカ状態)

photo:10


ちなみにお迎えにいった時はこんな感じで、
トレーナーさんにリードを持ってもらってくっついて待ってました。
その後キュンキュン言いながら、もでを歓迎してくれましたよ。

もあなは今週は毎日お散歩に行きましたが、
やっぱり時間が遅いのでなかなかワンちゃんと会えません。
鼻先で挨拶できたのは三、四回だった気がします。
だから、こうやってワンちゃんと触れ合える機会があるのは、
とってもありがたいなあ。また参加しようね、もあさん。

↓応援クリック、してもらえるととっても喜びます♪
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

2012/02/25 | Comment (34) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

ワンコパーティー

   ↑  2012/02/08 (水)  カテゴリー: トレーニング
こんにちは、教育ママです。

子犬の教育は半年までがとっても大事!(飼い方の本より)
子犬の教育には期限がある(イアン・ダンバー博士)
四ヶ月までにできるだけ色々な経験をさせましょう(ブリーダーさんのしおり)
一歳までのしつけはやってやり過ぎはないですよー(トリマーさん)

数々のアドバイスを真に受け、
もあさんをいろいろと連れ回しております。
家族にはもっぱら教育ママと後ろ指をさされてますが、
犬が怖いとか、グルーミングが嫌いとか、
散歩がいやーー!ってなっちゃうと、
かわいそうなのはもあなだしねー、と思うのです!!教育ママ的には。

photo:05


というわけで(主に身内向け)言い訳はさておき、
月曜日の夜に行ってきました。ワンコパーティー@いつもの動物病院。
本当はパピーパーティーがよかったのですが、
もではとほほの徒歩でしか移動できないし、
電車やバスはまだもあなが鳴いたりしないか不安なので、
断念しました。ごめんよ、もあな。

さて、ワンコパーティー。その名の通り、ワンちゃんが集まる会です。
大型犬もいるのですが、みんなトレーナーさんのレッスンで、
大丈夫と判断されたワンちゃんのみですし、
何よりトレーナーさんの監視下なので、
ワンコ素人のもあ&もででも安心です。
実際、一度もワンちゃんが吠えることはなかったし、
吠えられるとビビりまくりのもあさんにはとてもよかったです。

もあさんはおチビなので、これから数回はもで同伴で参加ですが、
他のワンちゃん達は飼い主さんなしでお預かりです。

一時間見学していたのですが、ワンちゃんそれぞれにすごく個性的で、
とっても面白かったです。

例えば…こちらのボーダーコリーちゃん。

photo:01


ワンちゃん同士で遊ぶのが、まだあまり上手ではなく、
しつこくまとわりついて相手のワンちゃんに怒られちゃいました。
その後はずーーっとしょぼーーん。
飼い主さんがなかなか来ないのを悟ると「まあ、こいつでもいいか」とばかりに、
もでのところにピッタリ寄り添ってました。かわいい。
犬より人が好きみたいで、トレーナーさん曰く、
それは人間のパートナーとして生きていく上でとてもよい傾向だそうです。
でも、やっぱりワンちゃんともうまく交われたほうが、
そのワンちゃんの人生でストレスが少ないのでこうして練習に来てるそうです。

そして、この大きなボーダーコリーちゃんに怒った勇者はというと……?
もっと大きなエアデールテリアさん。

photo:02



大型犬らしく、とても落ち着いたいい子でした。
尻尾を振るときの椅子にドスドスあたる音でもあなが最初ビビってたのは、
もあなの名誉のためにも内緒。

photo:04


隣のトイプーちゃんは、ずーっと、ワンちゃんには混じれずお座りしていて、
たまーに、ちょっと震えてました。でも、初めて参加したときは、
部屋の隅っこで小さくなっていたらしく、大進歩です。
もあなには何度も挨拶に来てくれましたよ。

そして、出番が少ない、このブログの主役もあさん。
どんな風に参加したかとゆうと…

photo:03


もでや看護士さんの膝の上からみんなと挨拶したり、
遊んでる様子を眺めたりしてました。
最初はビビって震えてたのですが、
膝の上なので、最後は強気でワンちゃん達に尻尾をフリフリしてましたよ。

お散歩以外でゆっくりワンちゃんと触れ合う機会があることは、
着実に効果が出ていて、お散歩でも
前のように素早くもでの足の間へ!ではなくなってきました。

多頭飼や近所にお友達ワンちゃんがいる子は本当に幸せだなー、と思います。
うちは散歩も夜が多いし、なかなかワンちゃんとゆっくり会う機会を作ってあげられないので、
少しでもこういう場には連れて行ってあげたいなーって思います。
ワンコパーティー参加料金も500円でお手頃だしね♪♪

↓教育ママはこんな本まで買い込んで読んでるわけで…



↓毎日頑張るもあさんに応援クリック♪
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

※前記事のコメント返せていなくてすみません!!
今日お返事して、みなさんのブログにも遊びに行きます♪

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

2012/02/08 | Comment (0) | Trackback (0) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。