もあな日和トイプードルの子犬のしつけや飼い方などの情報と成長記録。子犬を初めて飼った夫婦とチビでヤンチャで甘えん坊なレッドのトイプーの毎日を親バカ目線で綴ります。オススメのペット用品情報も。 

このページの記事目次(クリックで移動します) (tag: 生後11ヶ月 の検索結果)

[PR]

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

避妊手術の記録:後編

   ↑  2013/02/11 (月)  カテゴリー: 動物病院
避妊手術体験記:前編(☆)からの続きです。

手術後2日目

エリカラ生活初日は、ゴツゴツぶつかっているものの、
さほどエリカラ自体を気にしている素振りはなかったもあさん。
「なんだ~!意外といけるじゃん!」なんて思ってたんですが…。



元気がなかっただけでした。
この日はエリカラと随分格闘してまして…。
前足でぎゅー!ぎゅー!って頭を抱えるようなポーズで、
エリカラを脱ごうとするんです。
それはそれはかわいかったかわいそうでした。



写真だとわかりにくいんですが、
足でぎゅーぎゅーしている内に、
左前足がエリカラの首側から中に入っちゃってます。
しかも、入ると自力では抜けないらしい不思議。



計3回この状態になって
(学習遅いな。)諦めました。
その後は、さほど気にしてる様子はなかったけど、
ずっと嫌だったんだろうなぁ。

エリカラと格闘にはほとほと困った反面、
元気になってきた証拠かな、と嬉しくなりました。

手術3日目~7日目

手術後の過ごし方は、
 ・散歩は退院翌日からは普通にOK
 ・激しい運動は抜糸まではNG
 ・シャンプーは14日後~
・抗生剤は朝晩7日間
概ねこんな感じの指示をもらいました。



もあなの場合は、散歩不足で体力があり余っていると、
すぐに家で運動会をするのですが、
手術後、抜糸までは寝てばかりで大人しかったので、
敢えて散歩はしませんでした。
抜糸後は元気いっぱいお散歩再開でしたよ。

手術前のもで調べによると、
ほとんどの子が「エリカラはすぐに慣れてぶつけることはなくなりました!」
って書いてあったので、そうなると思ってたんですが…。



もあさん、ぶつけまくり。想像以上にとろ犬。
か、飼い主に…似たのかしら。。。
ぶつけるたびにびっくりして、しゅん、として、
そろそろと歩くので、(でもぶつける)
ソファと机の位置を少し変えて、
ぶつかりにくくしてあげました。

でも、もあさんが一番よく出入りする
ケージの扉の幅は変えられません。



抜糸前日にそこにぶつかっているのを見たときは、
ついに慣れなかったな…と悲しい気持ちになりました。


抜糸当日

もあさんの病院では、抜糸までは
絆創膏も張りっぱなし。
もあなは皮膚は弱い方ではなさそうですが、
すっごくかぶれちゃう子とかいないのかしら。。。



まずは、これを剥がしてもらって、ちょっきん、ちょっきん。
抜糸は全然痛くもないみたいで、
じっとしている内にあっという間でした。



ちょっとかぶれているところに、
軟膏を塗ったので、脱エリカラは翌日。
内側に吸収糸があるので、まだ触るとボコボコしています。

一言で避妊手術、といっても病院によって、いろんな違いがあります。
・子宮卵巣全摘出か、卵巣のみ摘出か。
・糸は吸収糸のみか、非吸収糸も使用するのか。
・傷口の大きさはどれくらいか。
・エリザベスカラーは何日つけるか。
・一泊手術か、日帰り手術か。
・費用はどれくらいか。

事前に説明を聞いた時に、
傷口の大きさは5cmくらいになる、と聞き、
少し大きいなぁ、と正直気になりました。
もあなくらいの大きさだと、2~3cmくらいの傷口で、
子宮卵巣全摘出手術をしてくれる病院もあるようです。
ただ、この一年間もあなの病院はすごく丁寧で親切で、
もあなのホームドクターとしては何の不満もありませんでしたから、
信頼しているいつもの先生にお任せすることにしました。



これが命に関わる珍しい手術であれば、
高名なお医者さんを探したかもしれませんが、
いつもの病院、いつもの先生の方がもあなも
安心できるかなぁと思いましたし。
病院選びってとても大事なことですけど、
やっぱりとても難しいですよね。
今の病院のスタッフさんには、もあなもとても懐いているし、
最初にかかったのがこの病院でよかったなぁ、といつも感謝しています。

術後の変化


心配していた頻尿やトイレを失敗するなどのトラブルも全くなく、
一番の変化は「食欲やばいです。ご飯めっちゃ楽しみです。」
状態になったことでした。
もう飼い主が目を疑うくらい、よく食べるようになってくれましたよ。

手術前には食べない!食べない!!!って、
少食対策に頭を絞らされていたのに、
手術後は同じドライフードを大喜びでガツガツ完食。
少食時代はトッピングだけ食べるようになると困るからと、
手を出していなかったトッピングご飯を昨年末から始めました。(詳しくはまた今度?)



太らないように体重管理、気をつけないといけないですね。
(とはいえ、体格的に2kg位までは増やしてもいいのかな?と思ってます)

傷口の跡も、今ではすっかり目立たなくなりました。
吸収糸は完全に吸収するまで半年くらいかかるとのことでしたが、
もうお腹側から触ってもボコボコはわかりません。



期待していた(?)「避妊手術をするとおとなしくなる」
という性格の変化は、もあなに関しては
まっっっったく見られません。
初ヒート、の時の方が大人びたかな?

そんなこんなの避妊手術。過ぎてしまえば…。



心配していたような諸々は全くの杞憂に終わり、
今ではあの緊張も、涙ぐみながらもあなを病院に預けたことも、
忘れかけてる、いやむしろ完全に忘れていたくらいでござる。
それでも、やっぱり犬にとっては
とても負担の大きな手術ですし、
避妊手術をするか、しないか、いつするか、どこでするか。。。
飼い主さんにとっては悩みは尽きないですよね。
メリットもデメリットも、重々承知しているつもりですが…
我が家での避妊手術の今のところの印象は。



たぬは、もう10回はこのセリフ言ってます。
たぬの実家のラブちゃん(♀7歳)は避妊手術後も
食べむらがあるらしいので、どの子にも訪れる変化ではないですが、
やっぱり避妊手術後よく食べるようになる子は多いみたいですね。

このブログを読んでくれている皆様のワンちゃんが、
明日も元気で幸せですように!

↓ランキングに参加してます。
もあちゃんお疲れ様!(3ヶ月前)のクリックを♪

ブログ村

にほんブログ村

いつも応援大感謝!でも最近順位があがりすぎて、ビックリ。なぜ……?
も……もっと更新せい!ってこと?
スポンサーサイト

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-204.html

2013/02/11 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。