13
 

もあな日和トイプードルの子犬のしつけや飼い方などの情報と成長記録。子犬を初めて飼った夫婦とチビでヤンチャで甘えん坊なレッドのトイプーの毎日を親バカ目線で綴ります。オススメのペット用品情報も。 

このページの記事目次(クリックで移動します) (tag: 子犬 の検索結果)

total 13 pages  次のページ →  

[PR]

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

犬の混合ワクチン接種について考える

   ↑  2013/01/20 (日)  カテゴリー: 動物病院
先週の土曜日、もあさん混合ワクチンを接種してきました。
生後2ヶ月、3ヶ月の時に接種して以来、3度目のワクチンです。

実は…その前の火曜日の夜にも動物病院に行ったんです。
その時に「もあなちゃんは前回ワクチンの時に
軽度ですが副作用が起きているので、
午後診療ではワクチンを打てません」
「また午前中に来てください」
「ワクチンを打つ前に抗アレルギーの注射をするという方法も
ありますので考えておいてください」と追い返されアドバイスをいただきました。

うぐぐっ。ぐうの音が出ないほど正論。
その日は長めのお散歩をしたと思うことにして、
すごすごと帰宅しました。



そういえば、もあなを飼う前には、
ワクチンについても必死にいろいろ調べたり、
動物病院選びも、なかなか大変だった覚えがあるのだけど、
もう今年のワクチンは打つのが当然?みたいな。
ちゃっと行って、ちゃっと打って、ちゃっと帰ろう的な。
まだたった3回目のワクチン素人のくせに、
ちょっとルーティンワークを気取ってしまいました。もで反省。

そもそも去年のワクチンアレルギー(仮)(→☆その時の記事
覚えてますよ。覚えてますとも。
もでの印象では、アレルギーというより、
ちょっと筋肉注射になっちゃって、
注射した場所が痛くなっちゃったんだよね?
くらいの結論だったもので。
抗アレルギーの注射とかイキナリ言われてびっくり。
帰宅後は当然グーグル先生に相談会です。

ワクチンや副作用について、詳しいことは、
一番わかりやすくよくまとまっていて、
かつニュートラルな立場をとっていると思えたのは
all aboutの記事だったのでリンクを貼っておきます。
愛犬のワクチンをどう選ぶ?(→☆)
犬の健康を守るワクチンにも副作用が(→☆)



※もあさんの写真でごまかしつつお送りします。

もあなはワクチンアレルギーだったのか


去年も結局のところ結論は出なかったのだけど、
接種部位を痛がるというのもやはりワクチンの副作用の一つ、
として紹介しているサイトがたくさんありました。
注射下手だったんだよね?説は今でも有力なのだけど、
アレルギーというのは、人間の場合と同じで、
一度目よりも二度目の方が反応が大きくなる場合が多いわけです。

つまり、前回は軽い症状でも今回は重い副作用を起こしてしまうかもしれないわけで。。。
じゃあ、抗アレルギー剤を打つのか、というと、
今回それで副作用が出なくても、混合ワクチンを打つたびに
一本余分に注射を打たなくてはいけないかと思うとためらわれます。

結局、今回のもあなの混合ワクチン接種は、たぬともよく相談して、
 ・今回は抗アレルギー剤は打たない。
 ・接種後は病院で一時間様子を見る
 ・その後もすぐに病院にいけるように休日に
ということにしました。

結果は…。



ほっ。

混合ワクチンの種類


いろいろ調べた時の結論としては、
もしも今回も混合ワクチンに副反応がおこってしまった場合は、
来年からは「抗アレルギー剤を打つ」よりは
まずは混合ワクチンの種類を減らそうを思っていました。

もあなが現在接種しているのは5種混合ワクチン。
初めて動物病院に行った時に
田舎や山の方に行くことがあるか聞かれて、
8種ではなく5種を選択しました。

種類が多いほど予防効果は増しますが、
当然犬の負担や副作用の危険性は高くなります。
特に8種混合ワクチンに入っているレプトスピラは副作用の原因になりやすいと言われています。
もしも都市部に住んでいる方で獣医さんが説明もなく
8~9種のワクチンを打っている場合には、
その獣医さんが信頼出来るかどうかもう一度見なおしてみてもいいかもしれません。
(もあなの病院は8種も5種も同じ値段なんですが、
8種の方が高いという理由だけで8種を打つ獣医さんもいるんです)

万が一、もあながワクチンアレルギーを起こすようであれば、
まずは、この5種を死亡リスクの非常に高い
ジステンパー&パルボウィルスの2種のみの接種にとどめようかと思っていました。
それでもアレルギーが起こるようであれば、
抗アレルギー剤を使いつつ接種するか、接種をやめるかとても悩ましいところです。
(結局(仮)のまま懸念に終わったわけですが)



…ちっくんしないと、
もっと苦しいになるかもしれないんだからね!

混合ワクチンを打たないという選択


そもそも、混合ワクチンというのは、狂犬病ワクチンと異なり、
法律で接種義務があるわけではありません。
つまり、打つも打たないも、どれくらいの周期で、何種を打つのかも
飼い主さんの選択次第になります。



もしも、もあながアレルギー反応を起こすのが狂犬病ワクチンであれば、
おそらく手続きをして、もう打たない、という選択をしたと思います。
日本は狂犬病根絶国ですから、狂犬病ワクチンは、
みんなで予防が大事です、という部分が大きく、
実際に狂犬病のリスクはほとんどありません。
(義務だから打たない場合は正当な理由と手続きがいります)

混合ワクチンについては違います。
副作用は非常に怖いですし、そればかりを声高にうたうサイトもありますが、
やはり伝染病(特にジステンパーとパルボウィルス)も非常に怖いです。
ワクチンは絶対に打たないほうがいいという方は、
どちらかと言うと、単純に「動物は自然が一番」という思想が根っこにある気がします。

混合ワクチンの接種周期


今回いろいろと調べていた中で、一番考えさせられたのは、
「1年に1度は過剰接種だ」という説です。
アメリカでは3年~に一度が標準になっている!なんて急に言われても、
「アメリカはアメリカ、日本は日本だしね…」
って思うもででも、「抗体があるなら毎年打つ必要はないかな」と思うくらい
ワクチンの副作用って危険な部分があるし、
軽度なものも含めるとそれほど珍しい話ではないことがわかりました。



もあなのような小さな子は特にです。
これも今回調べてビックリしたことの一つですが、犬の混合ワクチンは、
もあなのようなおチビさんも、大型犬も、
接種量が同じだそうです。
(※病院によっては、接種量を減らしたりしているところもあるそうです)
必然的におチビさんの負担は大きくなります。
子犬の方がワクチンの副作用が多い理由の一つでもあるようです。

大したことないちょっとしたアレルギー(仮)(しかも一度だけ)で大げさな!
とおもわれる方もいるかもしれませんが、
もし、今の病院で対応してもらうことが可能であれば
抗体検査をしながら、2~3年に一度の接種にするのもありかなぁ、
なんて、今は考えています。病院を変えてまで、とは思っていません。
混合ワクチンのうち、ほぼ1年位内で抗体がなくなってしまうのは、
レプトスピラのようなので、5種接種のもあなには関係ないですしね。

日本ってワクチン接種率が意外と低いんだそうです。
調査対象によってズレがあるようですが、
1年に1度接種しているのは20~30%程度みたい。
(だから接種しなくていいというわけではなく、
むしろ予防という面ではアメリカより気をつけなきゃということです)

ワクチン自体もアメリカのものとは異なるようですし、
間隔を広げるのであれば抗体検査は必須です。
(※アメリカのものよりも薄いそうです!
抗体検査をせずに3年周期で打つのは非常に危険です。
あくまで自己責任でということですね。

(抗体検査していれば受け入れてくれるところも多そうですが
ワクチン接種が義務のドッグランやトリミングサロンはとても多いですしね)

一番大事な基本


大したことないちょっとしたアレルギー(仮)で、
大げさに調べてしまいましたが、今回もでが思ったことは…。

混合ワクチンや狂犬病の予防接種は午前中に!
フィラリアのお薬もフロントラインも、午前中に!
その後は、安静にして、必ず様子を見られる日に!!



これは簡単に守れることながら、
もでみたいに慣れてしまって、つい怠ってしまいがち。
今後は気をつけようって、もう一度肝に命じました。
まさか自分の家の子に、って思っていても、
副作用は突然訪れるものです。
調べている中で、胸が痛む手記もたくさんありました。
実際に急変してしまうと、できることは少ないかもしれませんが、
やっぱりできるだけのことはしてあげたいですものね。

ちょいちょいって書こうと思っていたら。
自分の覚書も含めて、ついつい長くなってしまった。。。
つまんねーよ!の応援クリック(なんじゃそりゃ)
よろしくおねがいします。

ブログ村

にほんブログ村

安静中のもあなの写真と普段の写真に、
ほとんど違いがない不思議。
(動いてるとかわいく撮れないんだもん)
スポンサーサイト

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-190.html

2013/01/20 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

もあなの一年:後編

   ↑  2013/01/18 (金)  カテゴリー: 記念日
もあな1歳の誕生日までの思い出。前編→☆からの続きです。



生後半年。食が細くてなかなか大きくならないのが心配で、
体重をマメにはかって、食事を5回に分けたこともありました。
この頃は、しょっちゅう動物病院のお世話にもなってました。
その後、嘘のように健康で、避妊手術後は食欲ももりもりです。
大きくならない!なんて心配してても子犬の頃と比べれば、ほらこの通り。



体重は1.8kgくらいで落ち着いてしまいましたが、
体格もしっかりしてるから大丈夫!と獣医さんにも太鼓判を押してもらえました。



アレルギー体質のもでのために、
毎週の自宅シャンプーも頑張ってくれてます。
チビの頃は大暴れでしたが、
今ではしょんぼりしながらじーっと洗われます。
ブラッシングは相変わらずイヤイヤ!しまくりですけどね。



この頃は着るのも脱ぐのも大変だった犬服も、
今ではすっかり慣れたもの。
冬は防寒のために着せてることも増えました。
オシャレトイプーにはまだまだほど遠いですけどね!



オシャレと言えば、memoちゃんにカットしてもらうようになって、
飼い主も知らなかったかわいいもあなを沢山発見できました。
どのカットもとってもかわいかったけど、
やっぱりこのカットはもあな史上最高にかわいかったなぁ。
まあ、いつだってもあなはたぬともでの世界一なんですけどね。



キャリーバッグに入って、電車や車で
いろんなところにお出かけもしました。
散歩が好きなもあな。お出かけはもっと大好き!
インドアな飼い主で休日は家で寝てばかりだけど、
まだまだいろんなところに遊びに行こうね。



生後八ヶ月半で初ヒートも迎えました。
いつのまにか表情も少しだけ大人びてきた気がします。



アレルギーを心配して、犬を飼うことには
反対していたもでの両親も今ではすっかりもあなにメロメロ。
もあなをきっかけに、たぬやもでの実家に行くことも増えました。
本物の孫(姪っ子&甥っ子)にはちょっと負けてるけど、
初孫はもあよ!とばかりに頑張ってます。



たぬの膝の上がどこよりも大好きなもあな。
もあなが家族になってくれてから、
幸せの瞬間がたくさん増えました。



大事な大事なかわいいさん。
まだ一年。もう一年?
どうか少しでも長くわたしたちのそばにいてくださいね。

↓誕生日じゃないのに(恥)たくさんの応援クリック
本当にありがとうございます~。
2歳の誕生日はちゃんと当日更新!できますように(祈)
ブログ村

にほんブログ村

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

2013/01/18 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

もあなの一年:前編

   ↑  2013/01/17 (木)  カテゴリー: 記念日
2011年10月19日。
もあなは3人兄弟で生まれました。
兄弟の中でもおチビさんの末っ子だったようです。
ブリーダーさんからもらったこの写真でしか、
わたしは誕生の瞬間を知りませんが、
この写真を見るたびに、きゅんと優しい気持ちになります。
こんなに小さいけれど、手も足も耳も、とっても一生懸命です。



その年の12月3日、もあなとわたしたちは出会います。
まだ何も分からず、兄弟たちと一緒に
サークルの中でウロウロしていたもあな。
どちらかと言えばマイペースで、
わたしたちに愛想をふりまくようなことはありませんでした。
それが今ではすっかり犬も人も大好き!な甘えん坊に育ちました。



そして、12月18日。うちの子記念日。
ビビリでケージの扉を開けても、
なかなか出て来られなかったのも、なつかしい思い出。
まだまだとっても小さくて、今では簡単にくわえて移動できる
「おともだち」と同じくらいの大きさでした。



トイレトレーニングが完璧になるまでは、
ケージの中で過ごす時間が長かったもあな。
少しでも外に出たくて、いつもうらめしそうに
もでのことをじーーーっと見ていました。
短い足で必死な姿が愛おしいな。



こんなブカブカのコートを着て、お散歩デビュー。
今ではピチピチになって、今年は新しいコートを買いました。
チビの頃から散歩が何より大好きなもあな。
ずーっと元気に歩いてほしいものです。



うちに来て2ヶ月。
やっとわたしやたぬの膝で
ゆっくり過ごすことが多くなってきた頃です。
もあながわたしたちのことを家族と認めてくれたのは
いつ頃だったのかなぁ?と考えたりします。
もあなと思い出を語り合うことはできませんが、
うちで本当にリラックスできるようになってきたのは、
この頃だったのかなぁと思います。



生後四ヶ月の時、トリミングサロンで初の全身カット。
その時はトイプードルらしくなった!世界一かわいい!
と感動したものの、いま見るとちんちくりんの田舎犬。
もあなの得意気な表情も微笑ましいです。



パピークラスにも通いました。
一人っ子のもあなにとっては試練の連続だったかもしれません。
わたしたち以外の人やワンコと初めてきちんと向き合った時間でもあります。
今ではしつけもすっかりアバウトですが、
それでもお互い気持ちよく暮らせているのは、
この頃のパピークラスのおかげかな。



女の子のほうがおとなしいかな?なんて期待して、
もあなを迎えた飼い主夫婦の思いとは裏腹に、
元気いっぱいのヤンチャ娘。いたずら好きは一歳になった今でも相変わらずです。



まさかの…後編(→☆)へ続く!

もあなの誕生日ということで、
ポチっと応援お願いします!(図々しい)
ブログ村

にほんブログ村

※この記事は2012年10月19日に書かれたものです。
※※嘘です。2013年になってから誕生日を思い出して書きました。
※※※皆様には全く関係ないけど、今日はたぬの誕生日です。おめでとう(さらっと)

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-188.html

2013/01/17 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。