もあな日和トイプードルの子犬のしつけや飼い方などの情報と成長記録。子犬を初めて飼った夫婦とチビでヤンチャで甘えん坊なレッドのトイプーの毎日を親バカ目線で綴ります。オススメのペット用品情報も。 

このページの記事目次(クリックで移動します) (tag: フードローテーション の検索結果)

[PR]

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |

フードローテーションのすすめ

   ↑  2015/03/10 (火)  カテゴリー: トイプードル豆知識
犬のご飯に関するお話、第三回です。
一回目は、手作りご飯・トッピングご飯という選択肢について→
二回目は、ドッグフードの用法・用量について→書きました。
今回はフードの与え方のひとつである、フードローテーションについて書きます。
※この連載は成犬を想定しています※

フードローテーションとは


1種類のフードを与え続けるのではなく、
何種類かのフードを一定期間ごとにかえながら与える方法です。
ローテーションするフードを数種類で固定する飼い主さんもいれば、
いくつかのフードをベースにいろいろなフードを与えていく方もいます。
フードの切り替えの期間はだいたい1~2ヶ月程度です。

なぜフードローテーションをすすめるのか


初めにはっきりと書いておきたいことは、フードローテーションという方法もまた、
ひとつの選択肢に過ぎず、「絶対にいい」「完璧な」方法ではないということです。
ただし、食物アレルギーがなく、食欲が旺盛で、切り替えに拒否反応の強くない、若い犬には
とてもおすすめできる方法だと、わたしは思っています。
(逆に言うと、上にあげた条件で気になる点があるわんちゃんは、
特定のフードをあげ続けるスタイルの方が合う可能性が高いと思います。)

フードローテーションのメリット・デメリットについては後半でまとめますが、
わたしがフードローテーションという方法を選択した一番の理由は、
1kg2,000円~3000円程度のフード(もあなのフードの価格帯)では、
「このフードは完璧だ。絶対に安全だ。これをあげ続けよう。」
と思えるフードは存在しない、と考えたからです。
いくつかのフードを組み合わせることで、リスクを最小限にしよう、と
いわゆるリスクヘッジのために選んだ方法なのです。

フードの安全性


たくさんのフードの成分を調べました。
わたしには特別な知識がありませんから、パソコンにかじりついて、
ひとつひとつの成分を検索窓にいれては、このフードはどうなのか、と考えてきました。
どんなものにも、サービスにも言えることだと思うのですが、
「高くてよくないものはたくさん存在するが、安くていいものは存在しない。」
これは残酷なまでにわかりやすい世の中の真理だと思います。
「コストパフォーマンスのいいもの」は確かに存在します。
それでも1kg3000円という予算の中ではどういうものが限界なのか、
わたしには痛いほどに分かりました。

フードの成分について、詳しくは次回書きますが、
うちの子のフードはすばらしい!!絶対大丈夫!という方、
次のうちのどれかに該当していませんか??

①1kg3000円以上のお値段である。
②○○ミールまたは乾燥○○、○○粉、○○エキスなどが多く使われている。
③原材料の左の方に玄米や大豆、麦などが表示されている。
(トウモロコシ・小麦粉は論外ですが、いいフードだとさすがにそれは避けてるので…)

特に③は注意が必要で、原材料にかなり気をつかっているフードが、原価を下げる為には、
どうしても肉や魚以外のものでたんぱく分をフォローしないと難しいようなのです。
(それが悪いということではなく、むしろ予算内でつきつめた結果のように感じています)
わたしはグレインフリー(穀物不使用)派ではありませんが、
穀物や植物性たんぱく質が多めのフードだけを与え続ける、となると抵抗があります。

また、すべてをクリアしていたとしても「鶏肉」の原産地がどこかは
さっぱり分からない場合がほとんどです。
ヒューマングレードという言葉がもてはやされて久しいですが、
スーパーでは国産の十分の一のお値段の中国産のにんにくが
すっからかんの国産の箱の隣で大量に売れ残っていたりします。
「ヒューマンが食べられる物」にはかなりの幅があり、
どちらを使おうとパッケージの裏の表示はにんにく。なのです。

結局のところ、どんなに一生懸命フードのことを調べて選んでも、
超高級な一部の手作りフードを除くと、安全には限界がある、
というのがわたしの出した結論でした。

フードローテーションのメリット


ここまで読んでくださった方は「この人「買ってはいけない」みたいな本買って、
有機野菜でも食べて生きてるんだろうな」と思って、どん引きかもしれません。
ご期待に添えず恐縮ですが、わたし自身は、外国産の肉も魚も野菜もばんばん食べますし、
いったい何を使えばそんなに安くなるのか不安になるようなお店で、
ものすごく栄養バランスの悪そうなご飯を食べることもよくあります。
それでも平気な顔をして生きているのは、やはり「毎日同じ物を食べる」わけではないからです。

1種類のフードを与え続けるということは、
そのフードの原材料やバランスがあなたの犬の体に合っていなかったときに、
そのフードがもしもよくない添加物を使っていたときに、
そのフードの原材料が農薬や成長ホルモンまみれだったときに
(残留農薬量の指定はペットフードにもありますが)、
その工場の衛生状態がよくなかったときに……大きなリスクを背負うことになります。
わたしのたった20分の1の体重しかないもあなです。(食べる量もその分すくないですが)
よくない成分の蓄積はやはり非常に気になります。

いろいろなフードを食べられること。(そのままですが)
それがフードローテーションの1番のメリットです。

・特定の添加物や合成物質、農薬などの成分が蓄積することを防げること
・フードによって栄養のバランスは異なり、犬によって栄養の吸収の個体差があるので、
 複数のフードを食べることで健康状態をフォローできること
・さまざまなタンパク源を体に取り入れることができること
・特定の蛋白源(特に肉の加工物が原因のことが多い)を食べ続けることによる
 アレルギーの発症を予防できること
・食物不耐性(慣れない食物をうまく消化できないために現れる嘔吐や下痢など)を起こしにくくなること
・フードが急に廃盤になったり入手困難なときに影響が少ないこと

フードローテーションをすることでのメリットはたくさんありますね。

フードローテーションのデメリット


反面、いいことばかりではありません。
フードローテーションの一番のデメリットは、フードの切り替えが多くなることで、
犬の体調が悪くなったときに、フードが原因なのか、別の原因があるのかがわかりにくくなることです。

幸いもあなはフードの切り替えが原因と思われる体調不良はほぼありませんが、
真夏や真冬、旅行の予定があるときなど「体調を崩すかも」と心配なときには、
最も多く食べたことがあり、もあなの体に合っていると感じているフードをあげることにしています。
フードローテーションをするとしても、異なるフードを与え続けるのではなく、
ベースとなるフードを決めることはとても大切ですし、
できるだけ体調を崩さないようにしっかりと移行期間をとることも忘れてはいけません。

その他にもいくつかのデメリットをあげておきますので、
ローテーションをはじめる際には十分にご検討ください。

・多くのフードを試すことでひとつひとつのチェックがおざなりになりがち。
・いろいろなフードを与えることで「小さなリスク」はかえって増える
・すでに食物アレルギーがある子の場合、合わないフードを食べてしまうリスクが高まるので不向き
・今まで一つのフードを与え続けてきたシニア犬に急にいろいろなフードを与えるのは避けた方が無難
・またシニア犬は若い犬ほど成分の蓄積を気にする必要がないので
 「その子の体質にあったもの」があれば与え続けるメリットが大きい。
・食が細い子は「飽きたから食べない」のフードジプシーのきっかけになってしまう場合があるので注意が必要

正しいフードローテーションの方法


さて、では実際にどんなフードを選んで、どうローテーションすればいいのでしょうか。
フードローテーションのいい点をしっかりいかし、
できるだけデメリットをおさえる方法を考えてみましょう。

ローテーションするフードの数・期間


フードローテーションはフードジプシーとは違います。
犬が食べなくなったからと短期間でフードをかえたり、
少食の子が飽きないようにと毎日違うフードをあげるのは間違いです。

1つのフードを食べさせる期間はだいたい1~2ヶ月。
開封後短い期間でフードを食べきるのはとても大切ですので、
できるだけ小分けの物を買うことをおすすめしますし、
一度開封して1~2ヶ月食べたものを、次にそのフードを食べる時まで
保存しておくというのは絶対にNGです。

ローテーションするフードの数は完全に固定でまわすのであれば、3~5種類程度が多いようです。
(A→B→C→D→A・・・以下くりかえし)
もしくは固定で2~3種類と1枠はいろいろなフードをあげるという方法もあります。
(A→B→○→A→B→×→A→B→△・・・)

我が家の場合は、レギュラー1、準レギュラー3くらいで、
定期的に新しいフードを試しています。
Dはついこの前まで○やら×やらだったのが仲間入りした感じです。
(A→B→C→A→D→○→A→B→C→A→D→×・・・という感じ。)

合うフードが少ない子は例えば2種類を交互にあげてもいいと思いますし、
何種類のフードをローテーションするのが一番いいというのはありませんが、
常にフードを変え続け、決まったフードがない状態というのは
前述のデメリットの通り、避けた方がいいと思います。

ローテーションするフードの選び方


いいフードを選ぶ、というのは前提条件であり、
せっかくローテーションしても、どのフードも成分がいまいちでは何の意味もありません。
成分については次回になりますので、ここではどのように組み合わせるかに絞って書きます。

①主たるたんぱく源が異なるフードを選ぶ
これがもっとも大切です。
肉と一言でいっても、鶏肉、牛肉、豚肉、ラム肉、馬肉、鹿肉、兎肉、カンガルー肉…など
様々な肉があります。また、せっかくローテーションするのであれば、
魚を主原料または多く含むフードも一つは取り入れたいところです。
意識して選ばないと、気づけば全部鶏、ということもありえるくらい、
主原料を鶏とするフードは多いので注意しましょう。

②穀物含有量やたんぱく・脂質含有量で選ぶ
ドッグフードを選んだことがある人なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
「穀物不使用」の文字を。その賛否については長くなるのでここでは省きます。
極論はどうかと思いますが、穀物アレルギーになってしまう犬が多いのは事実ですから
もしも「リスクヘッジ」の意味でフードをローテーションするのであれば、
穀物不使用のものや、高たんぱく高脂肪系のフードを取り入れてみるのも
蓄積を防ぐ上でいいことだと思います。

③異なるメーカーのものを選ぶ
メーカーによっては、たくさんの種類のフードを出していることがあります。
あるメーカーのフードが気に入って、そのメーカーで
すべてのフードを揃えたくなる気持ちはとても分かりますが、
やはりリスクヘッジという観点からすると、メーカーはばらけていた方が安心と言えるでしょう。

以上です。
さくっと書くつもりがとても長くなってしまいました。
本来であれば、いいドッグフードを選ぶ→それをローテーションさせるの順番が正しいので、
記事の順番もとても迷いました。両方書いてから、敢えてこちらを先にすることにしました。

「ドッグフードを選ぶ」という作業をしているうちに、
ものすごく神経質な気持ちになり、手作りご飯にした、という友人がいます。
わたしも気持ちがとても分かります。
どんなに原材料表示とにらめっこしても、わからないことがあります。
「これはよくない」はずのものを含んだドッグフードを
声高に自信満々にすすめるサイトを見つけて、不安になったりします。
このフードの栄養をきちんともあなが吸収できているのか、心配になったりします。

フードローテーションをするようになって、わたしの心はずいぶんと軽くなりました。
たまに食べるものだから成分を気にしなくていい、わけではないけれど、
「ローテーションさせる前提であれば気にならないフードの欠点」
というのはたくさんあります。
いいな、と思いつつ主成分が豆腐のおからであることに迷っていたフードも、今は与えています。
もあなが子犬の頃からすごく気に入っていてうんちも涙やけも調子がいいけど、
成分を見ると、よくないものがいくつか入っていてやめようか迷っていたフードも続けています。
よく分からない栄養補助成分や添加物もそれぞれのフードで
できるだけかぶっていないことを確認し、すっと気が楽になりました。

わたしがフードを選ぶときには、もうすでに「ローテーションする」というのが前提にあります。
フードのいい、悪い、に絶対はありません。結果も最後までわからないのです。
「いいフードを選ばなくちゃ!!」という気持ちは大切だけど、
「完璧なフード」を選ぶのは、難しいのだということを少しでも伝えられれば嬉しいです。

↓最後まで読んでくださったあなたに心から感謝したい(笑)
ポイントが減って、続きをアップしたくならないように…ついでにポチッと押していってね♡
ブログ村
にほんブログ村
スポンサーサイト

(記事編集) http://toypoodles.blog.fc2.com/blog-entry-375.html

2015/03/10 | Comment (-) | ホーム | ↑ ページ先頭へ ↑ |ブログランキング・にほんブログ村へ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザーtag (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。